11月16(土)『​重症心身障害児(者)の食事ケア』実践セミナー

重症心身障害児(者)に安全な食事介助を行うための、

基本的な摂食嚥下のメカニズムと機能の発達について理解を深めます。

 

 

講師 金 志純

​会福祉法人 鶴風会 東京小児療育病院​(摂食・嚥下障害看護認定看護師)

NPO法人 口から食べる幸せを守る会 認定アドバイザー

・2002.4~ 社会福祉法人 芳友 神戸重症心身障害児者施設 にこにこハウス

・2006.4~ 西宮市社会福祉協議会 青葉園

・2010.6~12日本赤十字 広島看護大学 摂食・嚥下障害看護認定教育課程

・2014.5~ 日本赤十字 広島看護大学 摂食・嚥下障害看護認定教育課程 専任教員

・2015.4~ 社会福祉法人 鶴風会 東京小児療育病院に入職し現在に至っています。

 

主な外部の活動として、

2014年からNPO「口から食べる幸せを守る会」小山珠美理事長の元、

全国で講演や実技セミナーを開催。

また、2015年からは、

日本赤十字 広島看護大学 摂食・嚥下障害看護認定教育課程 非常勤講師も務めるなど活躍中です。

 

主な執筆(共著)に、へるす出版「ケアの基本がわかる重症心身障害児の看護」

医学書院「口から食べる幸せをサポートする包括的スキル KTバランスチャートの活用と支援 」など

 

 

日時・場所・料金

・開催日時

 2019年11月16日(土)13時00分~16時30分

・開催場所

 東京富士大学 二上講堂 B1研修室:東京都新宿区下落合1-9-6

・受講費/ ¥7,700(税込/資料、材料含む)

・参加人数/定員:28名限定 

参考

 

 

内容

本セミナーでは、重症心身障害児・者に安全な食事介助を行うための、

基本的な摂食嚥下のメカニズムと機能の発達について理解を深めます。

さらに、病態の特徴を理解した上で、

嚥下障害にともなう誤嚥や諸症状を引き起こす誘因、

関連性を多角的視点から評価する方法と、

豊富な事例からそのアプローチのポイント習得を目的としています。

 

当日プログラム(予定)

 

【講義】前半 13:00〜14:00

・摂食嚥下のメカニズムと発達段階

・基本的な摂食嚥下メカニズムの理解

・摂食嚥下機能の獲得段階と発達の特徴

 

【講義】 後半 14:10〜15:40

 ・重症児者の摂食嚥下の特徴

・原始反射の理解

 ・摂食嚥下機能の異常パターン

 ・誤嚥の種類と特徴

 

【演習/講義】 15:50〜16:30

・包括的な評価のための要素

・重症児者の病態の理解

・感覚的な問題、姿勢と緊張、食形態、ライフステージへの理解

・食事介助時の困難場面、その理解と対応 

質疑応答 

※変更となる場合もございます。