八巻理恵先生のコラム(3)

心理コンサルタントであり、セミナー講師としても活躍中の八巻理恵先生(Artself)のコラムをご紹介いたします。

目から鱗!コミュニケーションの本質

コミュニケーション能力は、どんな業種、業界においても欠かせないものです。しかし、コミュニケーション能力の本質を理解している方は案外少ないと実感します。

例えば、「私は、人と対峙した時に何を話したら良いのかが分からないのでコミュニケーションが苦手です」とおっしゃる方が多いです。しかしながら、実はコミュニケーションを図るのに一番重要な事は聴く事なのです。
良く耳にするのが「あの人は自分の事ばっかりしゃべるから苦手」。

「彼は、私の話をじっくり聴いてくれる。」つまり好感を持たれる人とは話が聴ける人なのです。自分の事は何でも人に話せるからコミュニケーションが得意と勘違いをしている人が多いです。

聴くと聞くの違い

聴く事が大事といっても、ただ人の話を聞き流しているのではまったく意味がありません。聴くとは、14の心で相手に寄り添い相手の心情や状態をおもんぱかることです。いわゆる洞察していくことです。相手が「大丈夫ですよ」と言ったとしても、「表情がくらいな、声にハリがないな。もしかしたら大丈夫ではないかもしれない。」こんな風に洞察し相手を共感する力こそがコミュニケーション力なのです。

コミュニケーションがとれているか否かは相手の反応でわかる

人の話をじっくり聴いて、頷いたりしているとだんだん話し手が心を開いてくれます。この人にもっと話したい、この人の話をもっと聴きたいとなります。
つまり、相手が親近感を感じてくれるわけです。相手がそういう反応を示してくれた時に初めてコミュニケーションがとれたと分かります。コミュニケーションがとれているか否かは、相手の反応でわかります。相手が自分の話をする事や聞き手の話を聴くことに意欲的になるのです。こういう関係性をどんな相手にも感じさせる事ができる人がコミュニケーションの達人と言えます。

 

☆八巻先生の人とのかかわりに役立つ貴重なセミナーのご紹介です

■1.『人のやる気を引き出し、組織を元気にするセルフコーチング体験セミナー』

■2.『職員・介護職の方々をストレスフリーにする感情コントロール体験セミナー』

ぜひご参加して体感してみて下さい!

セミナーの講師・八巻理恵氏のコラムなどの情報をメールマガジンで掲載をしております。
ご興味ある方はメールマガジンへご登録ができます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【メールマガジン】のご登録

PAGE TOP